最新鋭のファイバーレーザー加工機「LS-3015GC」

新導入のファイバーレーザー加工機は現有設備の3倍以上の切断速度があり、板厚3mm以下のステンレス板においては、一度に数千~1万程度の量産が可能になりました。またプレス加工の代替として範囲も広がります。

ファイバーレーザー加工機「LS-3015GC」

ファイバーレーザー加工機 概要

加工速度 11,000mm/分(板厚3tの場合)
ストッカー段数 10段(20トン積載可)
定格出力 4.0KW
加工最大キャパ(1日当り) 従来機の6倍以上(対6KW CO2 パレチェン機、板厚3tの場合)

24時間稼働で、大口特急対応

ファイバーレーザー加工機と同時導入した、シートメタル自動搬送システムとWEBカメラでの監視システムによって24時間稼働が安定し、大ロット品の短納期に対応が可能になりました。

24時間稼働で、大口特急対応

キズの無い製品をお届け

ファイバーレーザー加工機は消費電力が少なく、裏面の焦げやバリが少ないのが特徴です。それに加えて、自動ブラッシング機能も付いているので、細部までキズのつかない製品をお届けすることができます。

キズの無い製品をお届け

新設備導入による弊社の相乗効果

全体の加工キャパが1.4倍に
9台目の新設備導入により、他の機械にも余力が生じ、全体の加工キャパが現在の100(トン/月)から140(トン/月)程度に広がります。

  • パイプ/型鋼、厚板の切断対応が更にアップ
    パイプ/型鋼、厚板の
    切断対応が更にアップ

    9台のレーザー加工設備の全般の余力により、パイプ/型鋼、厚板の切断加工への対応力がアップします。

  • ベンダーの対応力アップ
    ベンダーの
    対応力アップ

    ワークの切断待ちがボトルネックになっていたペンダー加工も待機時間が解消され、これまでより短納期対応が可能になります。

  • 各種研磨品などの加工対応力アップ
    各種研磨品などの
    加工対応力アップ

    研磨品等の扱いにデリケートな加工にも設備・人員をより割けるようになり、対応力がアップします。

PAGE TOP

〒174-0051 東京都板橋区小豆沢4-26-7

TEL :03-3967-9117 | fax:03-3968-1655

メールでのお問い合わせ

エミダスプロ会員企業

Copyright © 2003 東京金商株式会社 TOKYO KINSHO Co.,Ltd,All Rights Reserved.